転職ノウハウ

転職エージェントとの面談形式や面談内容や持ち物、服装について全解説

投稿日:

転職エージェントと面談する
転職エージェントを利用すると、必ず最初に担当のキャリアアドバイザーと面談を行います。

転職エージェントを初めて利用する方だと、面談でどんなことを話し合うのか、どんな服装で行けばいいのか、何を持参すればいいのか分からないものです。

ここではそんな疑問を解決するべく、転職エージェントとの面談について詳しく解説したいと思います。

転職エージェントとの面談場所や面談形式について

対面での面談か電話面談のいずれか

多くの転職エージェントは、担当のキャリアアドバイザーと直接会って面談を行います。基本的に、転職エージェントのオフィスの面談スペースを使いますが、小規模の転職エージェントでは、ホテルのラウンジやカフェなどで面談を行う場合もあります。

専用の面談場所を持っている転職エージェントであっても、自宅や勤務先から通える範囲に面談場所がない場合は、電話で面談を行うことになります。

例えば、マイナビエージェントは東京、大阪、名古屋に面談拠点を持っていますが、それ以外の地域でマイナビエージェントを利用する場合は、電話で面談を行うことになります。

また、対面形式ではなく、電話でしか面談を行っていない転職エージェントもあります。例えば、看護専門や保育士専門、専門職に対象を絞った転職エージェントは、電話面談のみが、多い傾向があります。

転職エージェントを利用する際は、電話面談なのか、対面面談なのか、どこで面談を行うのか、といったこと事前に確認し、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

転職エージェントとの面談内容について

転職エージェントとの面談
すぐに転職したいのか、いい求人があったら転職したいのか、数か月後に転職したいのか、など転職希望時期によって面談内容は異なります。

また、利用する転職エージェントによっても面談内容が異なる場合もありますが、おおむね以下の通りです。

※転職エージェントとの面談内容

  • これまでの仕事や転職理由、今後のキャリアについて
  • 転職の希望条件(職種や勤務条件、希望年収など)
  • 転職活動のスケジュール
  • 求人紹介
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • その他、転職に関する相談

希望職種や希望年収など、希望条件が具体的に決まっている場合は、それに見合った求人をすぐに紹介してもらえる場合もあります。希望の求人があれば、応募手続きを進めてもらいます。

どんな仕事が向いているのか分からない、やりたい仕事が分からないという場合は、これまでのキャリアや強み・弱みなどを話し、適した仕事を提案してくれます。入社したいと思える企業が見つかれば、応募手続きを進めてもらいます。

対面面談の場合は、履歴書や職務経歴書を添削してもらうことも可能です。(電話面談の場合は、履歴書・職務経歴書をメールや郵送で送信すれば、添削してもらえる)

その他、転職に関して疑問や悩みがあれば、この面談で相談し、解決してくれます。

持ち物と服装について

持ち物や服装については、キャリアアドバイザーから指示があるはずです。

持ち物に関して指示がない場合は、履歴書と職務経歴書、筆記用具、メモ帳などを持参した方が良いでしょう。

服装は「私服でお越しください」となっている場合がほとんどですが、短パンやサンダルはNGです。オフィスカジュアルぐらいの服装が無難でしょう。

かっちり目の私服を持っていない場合は、スーツで問題ないでしょう。

キャリアアドバイザーとの面談は、面接ではないので無理してスーツを着用する必要はありませんが、相手に与える印象を考えること重要です。

面談に参加する際の注意点

面談に参加する際の注意点

面談は面接ではない

担当のキャリアアドバイザーと行う面談は面接ではりませんので、身構えていく必要も、嘘の転職理由や業務経験を話す必要はありません。

面談には、リラックスして臨み、転職、仕事について正直に話し合いましょう。

相性が合わない、態度が悪い場合はキャリアアドバイザーを変更する

どの転職エージェントでもキャリアアドバイザーを変更することができます。

キャリアアドバイザーは、転職の成否を左右する重要人物です。キャリアアドバイザーの手腕によって、選考の通過率も想定年収も変わります。

「連絡が遅い」
「仕事ができない」
「態度が悪い」
「いまいち相性がわない」

などの場合は、キャリアアドバイザーを変更してもらいましょう。

変更するときはキャリアアドバイザーに直接いうのではなく、専用の窓口かサポートセンターに連絡しましょう。

転職活動の状況をしっかりと伝える

転職を掛け持ちしている場合は、求人サイトを利用して選考が進んでいる場合は、そのこともしっかりと伝えておきましょう。

しっかりと伝えておけば、他のルートでの応募状況や選考状況を加味した上で、転職活動のスケジュールを調整してくれます。また、キャリアアドバイザーの正直に伝えてくれた方が、仕事を進めやすいです。

自分の売りをアピールする

いい条件の求人を紹介してもらうのであれば、自分の売りをしっかりとアピールした方がいいです。

基本的に転職エージェントは、採用される可能性のある求人しか紹介しません。自分が持っているスキルや経験をアピールすれば、その分、紹介してもらえる求人の幅も広がるのです。

転職エージェントとの面談に臨む際は、自分のアピールポイントをしっかりとまとめておきましょう。

※転職エージェント一覧はこちら

【全39社】おすすめ転職エージェントを一覧でまとめて紹介!

転職相談や履歴書・職務経歴書のアドバイス、面接アドバイスなどの転職サポートを受けられる転職エージェントをまとめて紹介します。 また、「どの転職エージェントを利用しようか迷う…」という方は、2社~3社利 ...

続きを見る

※人気まとめ記事

1

転職相談や履歴書・職務経歴書のアドバイス、面接アドバイスなどの転職サポートを受けられる転職エージェントをまとめて紹介します。 また、「どの転職エージェントを利用しようか迷う…」という方は、2社~3社利 ...

2

このページでは44の転職サイト(求人サイト)を一覧で紹介します。各サイトの求人数比較と特徴についても併せて記載しております。 また紹介するサイトは、求人を公開しており、自由に求人検索ができ、そして企業 ...

転職エージェント 3

第二新卒が転職しやすい求人を紹介してもらえる 第二新卒専門のアドバイザーによる転職サポート(応募書類の添削、面接アドバイスなど)を受けられる 上記のような特徴がある、第二新卒専門の転職エージェントを6 ...

4

求人サイトには公開されない非公開求人に応募できる 履歴書・職務経歴書、面接のアドバイスがもらえる 条件交渉や面接日・入所日の調整を代行してくれる 転職エージェントは上記のようなサポートを受けられるサー ...

-転職ノウハウ
-

Copyright© 転職求人サイト・転職エージェントを徹底紹介!「転職サイト図鑑」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.