転職サイト・転職エージェントの選び方 転職ノウハウ

面接・職務経歴書のアドバイスがもらえる【転職エージェント】とは? サポート内容や求人サイトとの違いを解説

更新日:

転職エージェント

  • 転職エージェントとは何か?
  • 転職エージェントの具体的なサービス内容
  • 転職求人サイトとの違い
  • 転職エージェントを利用する時の注意点
  • 転職エージェントを利用するメリットを解説します。

この5つのポイントについて詳しく解説します。

初めて転職する人のなかには、転職エージェントのことをあまり知らない方もいると思います。転職エージェントは転職サイトとは違い、転職活動を成功させるための様々なサービスを無料で受けられるとてもありがたいサービスなので、積極的に利用しましょう。

転職エージェントで受けられるサポートについて

転職エージェントとの面談
登録から内定までの流れは概ね次の通りです。

登録⇒キャリアアドバイザーと面談⇒求人紹介⇒応募書類対策⇒応募⇒面接対策⇒内定⇒入社

そして、転職エージェントを利用して受けられる具体的なサービスは以下の通りです。

転職エージェントで受けられるサポート

  • キャリアプランニング(キャリアカウンセリングとも言う。希望企業や希望条件を話したり、今後のキャリアについてアドバイスをもらえたりする)
  • 履歴書・職務経歴書の添削
  • 面接対策(模擬面接をしてくれる場合も)
  • 求人紹介(主に非公開求人の紹介)
  • 条件交渉(利用者に代わってキャリアアドバイザーが条件交渉をしてくれる)
  • 面接日程の調整、入社日の調整
  • アフターサポート(内定後フォロー、入社後フォローなど)

面接対策では、面接で注目されているポイントや、聞かれる質問を教えてくれたり、面接の雰囲気を教えてくれたりする場合もあります。

転職サポートしてくれるキャリアアドバイザーはどんな人か?

一般的な転職エージェントは、登録すると、一人一人に専任の「キャリアアドバイザー」と呼ばれる人がつき、その人のサポートを受けて転職活動を進めることになります。

「キャリアアドバイザー」は、特定の業界出身者であったり、元人事部の人であったりと様々です。多くの転職エージェントでは、利用者の希望の業界や出身業界に精通したキャリアアドバイザーが担当になります。

例えば、あなたがインターネット業界出身で、同じ業界に転職するのであれば、インターネット業界に詳しいキャリアアドバイザーが担当になる可能性が高くなります。

業界・業種・職種の知識に加えて、転職活動そのものにも精通しています。例えば、履歴書・職務経歴書などの応募書類の書き方や、面接のポイントを把握しており、それを伝授してくれます。

利用する転職エージェントによって、「キャリアアドバイザー」や「キャリアカウンセラー」「コンシェルジュ」といった言い方をしますが、基本的にどれも同じです。

ただし、「キャリアコンサルタント」は別物です。「キャリアコンサルタント」と名乗れるのは、国家資格であるキャリアコンサルタント試験に受かった人だけとなっています。「キャリアコンサルタントによる転職サポート」と記載されている場合は、国家資格を保有した人に転職活動をサポートしてもらえる、ということになります。

電話面談やサポートが求人紹介だけの場合も

ほとんどの転職エージェントでは、キャリアアドバイザーと直接会って、面談や各種対策を受けられます。

しかし、転職エージェントによっては、キャリアプランニングや求人紹介を電話やメールで行う場合もあります。また、面接対策などのサポートはなく、求人紹介のみの転職エージェントもあります。

特に看護師や保育士を対象とした人材紹介会社では、サポートが求人紹介だけ、というケースが見られます。

各社のサポート内容は、転職エージェントのWEBサイトに記載されているので、登録する前に確認しておきましょう。くれぐれも「履歴書の添削を頼みたかったのに、キャリアアドバイザーに直接会う機会がなかった」というようなことだけはないようしましょう。

転職エージェントとは人材紹介のこと

転職が成功する

一般的に「転職エージェント」と呼ばれているのは、「人材紹介」とも言い、企業の採用活動の手伝いをすることが主なビジネスになります。

逆に、求職者に対しては、希望に合った求人を紹介したり、転職活動を円滑に進めるためのサポートを提供したりします。具体的なサービス内容については後述しますが、無料にもかかわらず様々なサポートをしてくれます。

転職エージェントの顧客は採用企業

転職エージェントは、求職者のためのサービスであると思われがちですが、転職エージェントの顧客となるのは、採用活動を行う企業です。

転職エージェントを運営する人材紹介会社は、企業に人を紹介し、採用が決まった際に、企業から手数料を受け取ります。
※数か月の勤務後、手数料を受け取る人材紹介会社もある

「○○な人を採用したい!」という企業があってこそ成り立つビジネスであり、企業からお金をもらっているからこそ、求職者は無料で転職エージェントのサービスを受けることができるのです。

転職エージェントの顧客は企業、と説明しましたが、だからといって求職者への対応はおざなりであるということはありません。

人材紹介会社の価値は、より優秀な人材を、より多く企業に紹介できるかどうかで決まります。より優秀な人材を、より多く紹介するためには、多くの求職者に利用してもらう必要があります。

「顧客は企業だから」といって、求職者に対して横柄な態度を取っていたり、適当なサービスを提供していれば、求職者は集まりません。求職者が集まらなければ、採用企業にニーズにマッチした人を紹介できなくなり、手数料を得られなくなります。

転職エージェントは利益を出し、事業を存続させるために、求職者に対しても質の高いサポートを提供しなければいけないのです。

転職求人サイトと転職エージェントとの違いについて

転職エージェントは何か
「リクナビNEXT」や「マイナビ転職」「エン転職」といった転職求人サイトと、「リクルートエージェント」や「マイナビエージェント」といった転職エージェントの違いについて解説します。

まとめると以下の通りです。

  • 転職エージェントは転職サポートが有るが、転職求人サイトはサポートが無い
  • 転職エージェントは紹介してもらった求人にしか応募できないが、転職求人サイトはすべての求人に自由に応募できる
  • 転職エージェントは非公開求人を紹介してもらえるが、転職求人サイトは公開求人しか閲覧できない

転職サポートが有るか、無いかが違う

転職エージェントを利用した場合、キャリアアドバイザーによる転職サポートを受けられます。各種対策ができる他、キャリアアドバイザーが企業のとの連絡は全て代行してくれるので、内定を辞退する際などはとても楽です。

一方、求人サイトを利用した場合、転職サポートはありません。面接対策、応募書類対策、企業との連絡も全て自力で行わなければいけません。

転職求人サイトだけを利用する場合は、自分のペースで転職活動を進められます。転職に慣れている人は問題ないでしょう。

逆に、転職活動をするのが初めてで、「職務経歴書の書き方が分からない」「退職理由についてアドバイスをもらいたい」といった方は、転職エージェントを利用して、プロのサポートを受けた方が良いでしょう。

転職求人サイトは好きな求人に自由に応募できる

転職求人サイトを利用する場合、どのような求人であっても自由に応募できます。ハイクラスな条件で、応募条件を満たしていない求人であっても、全て応募可能で、わずかな可能性にかけることができます。

一方、転職エージェントを利用した場合、応募できる求人はキャリアアドバイザー紹介してもらった求人のみです。もちろんキャリアアドバイザーは、利用者の希望に見合った求人を紹介してくれますが、「この企業は受からない」と判断した求人は紹介してもらえません。

転職エージェントのWEBサイトを見ると、「非公開求人○○件」といったように、求人数の多さをアピールする文言を見かけますが、全ての求人に応募できるわけではない、ということを覚えておきましょう。

転職エージェントは非公開求人に応募できる

転職エージェントで紹介してもらえる求人は基本的に非公開求人です。非公開求人とは、ネット上に公開されていない求人のことで、応募できるのは紹介してもらった一部の人だけです。

そのためのライバルが少ないなか選考を受けることができます。

有名企業、大企業狙いの人にとってはかなり有利です。

一方、転職求人サイトから応募できるのは、すべて公開求人です。全ての人が応募できる求人なので、大企業や有名企業ともなれば、競争は激化します。

転職エージェントを利用する時に注意すべきこと

ポイント
転職活動を全面的にサポートしてくれる転職エージェントですが、注意点もあります。

具体的には以下の3つです。

  • 転職エージェントは1社ではなく2社、3社利用する
  • 掛け持ちする際は、掛け持ちしていることを伝える
  • 連絡は小まめにする

転職エージェントは1社ではなく2社、3社利用する

キャリアアドバイザーは優秀な人ばかりではなく、仕事ができない人や、自分の利益ばかり優先する人、態度が悪い人なでもいます。

そういった質の悪いキャリアアドバイザーが担当になってしまうと、なかなか転職先が決まらなかったり、転職できても合わない会社で後悔する可能性があります。

そういったリスクを回避するためにも、転職エージェントは1社だけではなく、2社、3社利用して、キャリアアドバイザーとの相性やサービスの質、紹介される求人を比較しましょう。

転職エージェントは掛け持ちしても何も問題ありません。

掛け持ちする際は、掛け持ちしていることを伝える

また、掛け持ちしする際は、担当のアドバイザーに掛け持ちしていることを伝えましょう。

正直に伝えた方が、掛け持ちしていることを考慮したスケジュール調整を行ってくれます。面接に日程が被ってしまうことも避けられます。

また、双方が、良いサービスを提供しようと躍起になってくれるはずです。

連絡は早く、小まめに

求人に応募する際や、面接日程の調整、面接後など、キャリアアドバイザーから連絡を求められる機会が何度かあります。その際、キャリアアドバイザーへの連絡は早くするようにしましょう。

キャリアアドバイザーはレスポンスが早い人や、小まめに連絡してくれる人に、優先的に良い求人を紹介することがあります。また、面接日程を決める際、希望が通りやすくなる場合もあります。

面倒くさがらず、連絡を早く、小まめにするようにしましょう。

転職エージェントを利用するメリット

最後に、まとめとして転職エージェントを利用するメリットを簡潔に紹介します。

転職エージェントを利用するメリット

  • 向いている仕事や強みを発揮できる仕事などをキャリアプランニングよって分析してくれる
  • 面接アドバイスや応募書類の添削など、各種転職サポートを受けられる
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 企業の採用担当者とのやりとりを代行してくれる
  • 転職に関する疑問を気軽に相談できる

※必読まとめ記事

1

転職エージェントとは何か? 転職エージェントの具体的なサービス内容 転職求人サイトとの違い 転職エージェントを利用する時の注意点 転職エージェントを利用するメリットを解説します。 この5つのポイントに ...

2

転職エージェントは、非公開求人の紹介、履歴書・職務経歴書・面接アドバイス、年収交渉の代行など、など、様々なサポートを受けられます。自力で行うよりも、効率的に、確実に転職活動を進められるため、積極的に利 ...

3

転職相談や履歴書・職務経歴書のアドバイス、面接アドバイスなどの転職サポートを受けられる転職エージェントをまとめて紹介します。 また、「どの転職エージェントを利用しようか迷う…」という方は、2社~3社利 ...

女性のおすすめの転職エージェント 4

「今の仕事は向いていないからとりあえず他の仕事をしたい」 「やりたい仕事、希望職職、希望業界が具体的に決まっていないけどとりあえず転職したい」 このような場合は、様々な職種、業種の求人を豊富に保有する ...

5

第二新卒が転職しやすい求人を紹介してもらえる 第二新卒専門のアドバイザーによる転職サポート(応募書類の添削、面接アドバイスなど)を受けられる 上記のような特徴がある、第二新卒専門の転職エージェントを5 ...

6

女性に特化した、女性向け求人が豊富、女性の転職支援に強いなどの特徴を持つ転職サイトを8つ紹介します。 ここで紹介する転職サイトのなかには、プロのキャリアアドバイザーによるマンツーマンのサポートを受けら ...

-転職サイト・転職エージェントの選び方, 転職ノウハウ
-

Copyright© 転職求人サイト・転職エージェントを徹底紹介!「転職サイト図鑑」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.